forward

通訳者を目指しています♪

将棋のお陰

長男は超マイペースで昔から心配で心配で仕方がありませんでした。

「ふつうの子」でないのでは、と悩んだり心配したり。

心配しても仕方がないのはわかっていても悲観的になっていました。

それが、数年前に将棋教室に入ってから、長男は少しずつ変わってきて、学校でも集中して授業を聞くようになり、英検の勉強をするようになり、将来の夢を語るようになりました。

将棋が好きになり、もっと強くなりたい、と自ら研究するようになり、それが自信となっているのでしょう。

結局、親は見守ることしかできませんでした。子供がやる気を出すまで、じーっと待つしかないんだなぁ、と思いました。どうしても引っ張ったり押したりしたくなるけど、全部無駄だったかも。むしろマイナスになっていたかも。

学校の先生に「お母さん、心配したら心配した通りに、楽しみにしていたら楽しみにしていた通りに子供は育ちます」と言われましたが、本当にそうなのかもしれません。

立派に成長した長男の姿を想像して、どんな大人になるのか楽しみにしようと思います。